SWEET LINENS

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
th_DSC_8333.jpg

本日も快晴
まるで春のように穏やかで絶好の庭仕事日和
とりわけこのお宅は南東の角地なので
陽当たりは抜群
このバラの伸び具合でおわかりでしょうか?
昨年もこんな風に誘引作業をしましたが
今年もぼうぼうに延び放題のシュートが
凶暴なトゲを武器に立ち向かって来ました

th_DSC_8337.jpg

昨年このバラの誘引作業では
かなりシュートを切りましたが
今年は古いのを3本元から抜いた以外は
少し多めに残して重なるように誘引してみました
春のバラの咲き具合の感想をオーナーに聞いて
また来年の誘引方針を決めようと思います

昨年私のバラの師匠に言われた
「なんとかその場所に納めるのも
 あなたのテクニック次第よ」
という言葉の意味がここに来て
やっと少しわかって来たような気がしています
苦手なランブラー系のバラの誘引が
自由自在にできるようになってきたのかもしれません
今はもうバラと立ち向かうのが楽しくて仕方ないという感じ

予想以上に仕事が早く終わっているので
残されているバラの冬作業は残り少なくて
ちょっと寂しい感じ←(やっぱり病気だ!)

th_DSC_8336.jpg

今日もおいしいランチを準備してくれたり
私がバラをばさばさ切っていく端から
どんどんゴミを始末してくれてる友人達には
ほんとうに感謝です
一人ではいくらがんばっても
こんなに早く作業が終わりません

本日の作業
ツルばら 5本
木バラ  15本 くらい

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します! 





スポンサーサイト
th_IMG_5669.jpg

咲いているバラも少なくなった草ぶえの丘で
思わず足を停めて激写してしまった赤いトゲ
その形容がぴったりの「レッド・ウイング」というバラの
それは反則でしょうといいたくなるくらい
見事なトゲっぷりなのですが
お花は白で五弁のシングルと意外にシンプル

「わたし バラのトゲトゲがたまらなく好きなの!」
と言っていた人が居ましたが
このトゲを見たらなんと言うのでしょう?
ぜひぜひ聞いてみたいものです

お知らせ
ただいまドイツ駐在中の友人宅で居候中です
更新は自動で設定してありますので
コメントやメールのお返事が滞っておりますがお許しください
ときどき現地からの更新もあるかもしれません
帰国後はお土産プレゼント&カウンタープレゼントの予定をしておりますので
どうぞ楽しみにお待ちください
なおどちらも応募資格は「コメントを記入してくださった事のある方」です

留守中もランキングは継続しております

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します!
 
th_IMG_5678.jpg

昨日7時半出発で出張の夫を乗せて成田へ
いつもならチェックインの後
コーヒーを一杯つきあったりするのだが
車から降ろしそのままバイバイしたあと
成田街道を走り佐倉の「草ぶえの丘」へ

「バラはほとんど咲いてないけどいいですか?」
と係員の方に念を押されたけど
まだちらほら咲いているし
ローズヒップもそこそこ残っている
今年はとっても忙しくて
秋のバラを見なかった事を運転中に思い出して
急遽立ち寄る事にしたのだ

クモの巣が顔に張り付いたり
トゲにニットをひっかけたりしながら
思う存分写真を撮り
開園直後の誰も居ない静かなバラ園を独り占めし
次の目標のJフルホンダへ
欲しいものも買うもの何も無いのだけど
せっかくだからとチェックしたくなる
悲しいガーデナーの性(笑)
広い売り場を一回りし
食指を動かされる苗が無い事に安心して
地元に帰り運転免許センターへ
手続きが終わったあとアポ無しで近くの友人宅へ
庭を改造したというのでちょっと偵察
留守だったのですぐに帰ってきて
別の友人宅でコーヒータイムを過ごし
学校帰りの娘の買い物に4時間つきあって最終帰宅は午後9時

良くまぁこれだけ走り回った事だと
フットワークの軽さに自分でも呆れた一日だった
家事はいったいいつやってるんだ?(笑)

「草ぶえの丘」でのフォトジェニックなバラ
桔嚢(ジェナン)
たぶんここでしか見られない貴重な品種だと思うのですが
まさしく私の好みのバラ チャイナ系だそうです


th_IMG_5630.jpg

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ


いつもご訪問ありがとうございます!

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します!
th_IMG_5607.jpg

幕張メッセで開催中のフラワーEXPOへ

昨年は写真を撮りに次の日にまたひとりで出かけた程
楽しいイベントだったのに
今年はキリンアグリバイオのブースが無くて
写真を撮りたいと思う事は全く無く
重たい一眼を持って来た事を後悔するくらいだった
世の中の不景気を映し出しているのか
どのブースも経費を節約している様子が見え
張り切って出かけたわりには肩すかしをされた感じ

サントリーのブースでみつけた「青いバラ」が
今日の唯一の目玉かなぁ?
でも私自身は青いバラ信仰はまったく無いので(笑)
参考のために写したという感じです
照明の下でストロボを使わず撮っていますので
果たしてこの色が正確に出ているかどうかは疑問ですが
フルーツのような香りはしっかりと確認してきました

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ


いつもご訪問ありがとうございます!

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します!
th_IMG_3852.jpg

今年のバラは何かが違う
結局アブラ虫はまったく発生しないままだが
風通しが良くウドンコ病には強いはずだった
我が家のバラ達が次々とウドンコ病に感染
葉のカスレ具合で もしやと思い裏返してみると
なんとこんな季節にハダニも発生している

開花する順番だって
今までの順序をまったく無視し
いつも遅いアイスバーグが
一輪だけもう咲きそうになっているし
早咲き遅咲きを無視し
何もかも一気に咲き始めそうな気配だ
困った 困った ほんとに困った
バラの開花のピークを予想して
いろいろと準備を続けているのに
すべてが水の泡になってしまいそう

開花を手放しで喜んでやれない
複雑な今年の春なのだ

一番花はいつもあまり好きではない色で咲く
アルシデュック・ジョセフ
今年はとっても素敵な色で咲きました
ありがとう!

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ


いつもご訪問ありがとうございます!

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します!

th_IMG_3736.jpg
Rosa banksiae normalis

『ノルマリス』と聞いただけで
「あ あのバラね」とわかるあなたはかなりのバラマニア
「Rosa banksiae」は今あちこちで咲き乱れている
モッコウバラの総称で
白の八重を「白モッコウ」黄色の八重を「黄モッコウ」と呼びますが
「normalis」は白の一重のモッコウバラの事
私のバラの師匠の家にあるこのバラが
今ちょうど満開を迎えるところだからと
お誘いが入りました

朝8時に友人Kから
「フェンスをつくるから買い物つきあって!」とメールが入り
9時にホームセンターで買い物をし
帰ってきて
埋め込みの足部分4本を高さを調節しながら打ち込み
一仕事終えてから午後の訪問

th_IMG_3760.jpg

ところが私がしばしバラを愛で素晴らしい香りを楽しみ
バラ談義に花を咲かせているあいだに
友人達はフェンス用の木材にペンキを塗り
もうすぐにでも次の作業ができる段階まで終えていて(笑)
明日は午前中 
市のガーデニング関係のイベントがあるので
それに参加して終わったらさっさと帰り
午後にフェンスを仕上げる予定

毎日ほんとにフルで稼働状態が続いており
更新がやっとです
みなさまのブログへの訪問どころか
コメントへのレスもとどこっていて申し訳ありません
こういう状態はたぶん5月末頃まで続きそうですので
どうぞお許しください

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ


いつもご訪問ありがとうございます!

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します!




th_DSC_4185_2.jpg

寄せ植えの鉢の「アジュガ」の花と「ヘンリーヅタ」若葉のコラボ
「ヘンリーヅタ」は落葉する植物だからこそ
新芽と紅葉がこんなにも美しいのだろうと納得

th_IMG_3697.jpg

「黒フウロ」も咲き始める
この濃い紫が素敵
昔は葉にも黒い斑が入っていたのだけど
いつのまにか消えてしまったみたい
バラのすぐ隣に植えているせいか
驚くほど大きく育って少々手を焼いてます

th_DSC_4184.jpg

昨年のフラワーエキスポでみつけて
ずっと気になっていたバラが
キリンアグリバイオ株のサイト
「ここち開花」で注文販売されていたのをみつけ
3ヶ月前についポチっとしてしまっていたのですが
先日やっと苗が届きました
『エクレール』と『ラ カンパネラ』
もう蕾がついています
咲かせたい でも咲かせちゃいけない(笑)

しばらくハムレットの気分です

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ


いつもご訪問ありがとうございます!

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します!
th_IMG_2335.jpg

激しい風も午後からは少し治まった今日でした
フェンスから道行く人を狙うように
ホウキ状にたくさんのシュートを伸ばしているのは
友人宅の「フェリシテ・ペルペチュ」
ランブラー系で5メーター以上伸びるバラです
そしてここには写っていませんが
もう1本「アルビリック・バルビエ」も植わっていて
これも10メーターは軽く伸びる品種です
この2本を約5メーター程のこのフェンスに納める作業をしてきました
1本はお友達からいただき
もう1本はバラ園で見て買って来たらしいのですが
もちろんこの2本がそんなに伸びるバラだとは
まったく知らないで手に入れた事は仕方がない事なのです
でも その友人にこのバラの特性を説明した時に
「このフェンスにこの2本のバラの誘引は
 4畳半の部屋にソファーとラブチェアを置いて
 真ん中にテーブルを置くみたいな感じです」
と言うと大笑いしていましたが
切っても切っても伸びてしまうので
道行く人の邪魔にならないようにと大変な思いをしていて
この2本の暴れん坊ぶりはよくわかっているそうで
どれだけ切ってもいいからと任せてもらえた事は
とても気が楽になる事でした

どちらも長い3本ほどのシュートを残し
あとは思い切ってカットし
このフェンスを折り返すように誘引しました
生け垣の「ベニカナメ」の上にも乗せました
バルビエは生け垣とコンクリート塀の間に植わっているので
フェンスとコンクリート塀の間から外に引き出しての誘引です
伸びて暴れる品種だけど
枝がしなやかで比較的細いので扱い安くて楽でした
ただしトゲはかなり凶暴です(笑)

th_IMG_2337.jpg

th_IMG_2336.jpg

先日私のバラの師匠と話をしていて
「スペースを考えないでツルばらを植えてしまう人が多くて」
とボヤくと
「でも それをなんとかその場所に納めるのも
 あなたのテクニック次第よ」
と言われました ちょっと目からウロコでした

今年の冬剪定ではざっと計算して2ヶ月で約200本のバラを剪定しました
脚立を使っての大掛かりな誘引もたぶん50本くらいはあったでしょう
いろんなお宅でバラの作業をさせていただくという事で
私自身いろいろと勉強をさせてもらえてラッキーだと最近つくづく思います
そしてそのバラ達が順調に成長して春に咲いてくれる事は
私にとって何よりも幸せな事です
こうなったらもっともっとバラのスペシャリストを目指して
体力の続く限りがんばっちゃおう

まだ自分ちのバラに数本剪定仕残しがありますけど(笑)
 
にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ


いつもご訪問ありがとうございます!
上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します!
th_IMG_1735.jpg

朝早くからオールドローズ教室の先生が出張してくれて
我が家でのオールドローズの誘引個人レッスン
おおまかに剪定を終えているツルバラの誘引のポイントを
端から順番に実地しながら説明してもらい
お昼に先生が帰ってからは忘れないうちにどんどん作業をこなし
「コーネリア」「ブラシュノアゼット」「ムーンライト」
「レディーヒリンドン」「マダム・アルディ」「ガーデニア」
「フォーチュンズ ダブルイエロー」「アイスバーグ」
8本をなんとか終了

ツルバラと言っても系統によって誘引の方法は全く違っていて
「勢いの衰えた古い枝や枯れた枝を元から切り
 今年咲いたシュートはステムに2~3芽を残して誘引」
というまったくの基本形でもたぶん花は咲きますが
オールドローズと何年もつきあっているこの先生の誘引は
とにかく繊細かつ複雑

育てるスペースや樹勢で毎年変わり
そのバラの1本1本の性格を知り尽くしていないとできない細かいテクニックを
こうして毎年実際に教えていただいても
1年に1回きりの作業を忘れずにいられるほどの記憶力は私には無く(笑)
次の年にはまた初歩に戻り
何年やっても私は初心者の域を出られないのではないだろうかと思う
この毎年の誘引剪定の季節でもあります
そんな私が他人の庭のバラを堂々と誘引剪定してて良いのだろうか?


寒くて庭にでないで冬眠しているうちに
いつの間にか咲いていた冬咲きのクレマチス「アンスンエンシス」

寒い寒いとしばらく冬眠していたけど
今日の緊張感いっぱいの作業では
寒さを感じている暇は無かったので
これはたぶん心がけ次第なのではないかな?
来週いや明日からは寒いなんて言ってないでがんばるぞ~っ!



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ


みなさまの暖かい応援のおかげで
ランキングが少しづつ上がってきました
ありがとうございます!
上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します!
th_IMG_1271.jpg

昨日話題にした「ヘリテージ」は右上
左は「イングリッシュ・ガーデン」
それでは右下の小さいバラは何でしょう?

th_IMG_1357.jpg

これは少し開いた状態を撮ったもの

ここをクリックで正解が見られます
 ↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。