SWEET LINENS

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
th_DSC_0155_2.jpg


我が家の「ヒュームズブラッシュ・ティーセンテッド・チャイナ」以下「ヒュームズ」は
アルバ(草ぶえの丘)からやってきた由緒ただしいバラです。
ふんわりとした姿と優しい色、うつむきかげんの淡いピンクの花びら
その姿を初めて見たときから、手に入れたいと思っていた憧れのバラで、
何年かして、苗が手に入った時には、宝物を手にいれたような気持になったものでした。
ところが、最近このバラについてたくさんの疑問が私の頭の中で渦巻いています。
「オドラータ」という名前のバラが「ヒュームズ」として市場に出ているのです。
一季咲きであったり、つる性であったり、
我が家の完全四季咲き性のものとはまったく違う性質をもつ「オドラータ」
いったい本物の「オドラータ」はどれ?本物の「ヒュームズ」はどの子なのでしょう?」

th_DSC_0230.jpg


もちろん、我が家の「ヒュームズ」がいちばんかわいいと思うけどね(笑)

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
↑ブログランキングに参加しています。
毎日1回、上の「バラ園芸」というロゴをポチッと押していただけるとランクが上がります。
他にも素敵なバラのブログも紹介されています。
よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。