SWEET LINENS

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
th_IMG_5839.jpg

雨が降るので外にも出られず
仕方なくうちの中でひきこもっていた
先日久しぶりにネットオークションで落札した
アンティークパインのテーブル
こんな色で届いたので晴れた日に
脚だけテーマカラーのベージュに塗装しましたが

th_IMG_5837_2.jpg

ダイニングのテーブルとして使うには少し小振りなので
パソコン用のテーブルに転用

th_DSC_8319_2.jpg

狭いダイニングにまた家具が増えたので
頭を悩ませながら
あちこちの家具を順番に移動
まるで新しく買ったバラの苗を植え込むために
植物をあちこち移動するみたいな(笑)

結局最後まで片付かず
途中でタイムアップになりそうなのだが
明日は快晴の予報なので庭仕事が待っている
困ったな
またしばらく散らかったままの部屋になりそうだ

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します! 
スポンサーサイト
th_DSC_8311.jpg

th_DSC_8315.jpg

剪定誘引前後の「ガーデニア」
クリックすると大きな画像で見られます

比較して見るとパーゴラに誘引されたシュートは
側枝がほとんど剪定されているのがわかります
「鉛筆より細いものは切り落としていいから」
と助っ人は言うのですが
毎シーズン何十本も剪定誘引している私でさえ
「ほんとうにだいじょうぶなの?」
と不安になるくらい情け容赦無い剪定ぶりで

初めて剪定誘引をするバラ初心者が見たら
「こんなにですか?」と驚くに違いありません
我が家のバラの剪定誘引は
某バラ園での誘引に近い方法ですが
ここまで剪定して誘引している方は
あまりいないのでは無いのでしょうか?
もちろん剪定誘引の方法はいろいろありますので
どの方法が正しいとかという定義はありませんが
私にとってはこれが毎年の冬のバラの神聖な儀式
むしろバラがきれいに咲き誇る姿よりも
きっちりと誘引された姿に感動を覚えます

そのためにも剪定はきっぱりと
誘引もたるんたるんではいけません
シュートの根元を締め
枝を押さえて誘引する必要があるのです

ちなみにこのグリーンのテープは
誘引するさいに締め安いので仮に使っていますが
落ち着いたらすべて麻ヒモに交換します

たくさんの花が見たいからと思い
今年はちょっと甘い剪定をして
誘引をしたコーネリアを見るなり
「今年の剪定は甘いわね 細枝を残し過ぎだわ」
と助っ人が一言
やっぱりそうですよね やりなおします(笑)

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します! 

322865_1233099370.jpg

一昨日の「サフラノ」の誘引作業
このブログの作者本人の写真が掲載される事は
あまり無い事なのだが
知らないうちに友人Kが二階から撮っていたらしい
脚立の一番上の段に立っているので
左手はしっかりパーゴラにつかまり安全確保しています

今日も9時半出勤で友人K宅のつるバラの誘引作業
「スノーグース」「ソンブレイユ」「ジャンヌ・ダルク」
「ペネロペ」「ブルー・マジェンタ」「セリーヌ・フォレスティエ」
「デプレ・ア・フルール・ジョーヌ」
昨年の秋に某カメラマンさんが
二階まで届いているスノーグースの成長ぶりに
「こんなに大きくなるバラだったんですか?」と驚いていたが
スノーグースだけでなくどのバラも
昨年とは見違えるほど大きく成長していて
費やした誘引作業時間が予想より30%増量になってしまったが
たっぷりのスペースとバラのシュートを自由に使え
理想的な誘引ができる事がとても楽しく
春の開花がほんとうに楽しみなK庭である

明日は雨の予報
庭仕事もひとくぎりついたので久しぶりに街の空気を吸いに
「地べたや植物とばっかり遊んでると
 本物のばあちゃんになっちゃうから」
と友人Kが言うように
久しぶりにショッピングにでも行かないと
世間とは取り残されてしまうので(笑)

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します! 







th_DSC_8245.jpg

ここの読者のみなさんは
「またぁ?」と思われるでしょうが
今日もバラの冬作業です
午前中は昨日に引き続き友人K宅のつるバラを3本誘引

th_DSC_8302.jpg

ぼうぼうになっていた「セバスチャン・クナイプ」
のシュートを思い切り間引き
パーゴラに1本誘引用の棒を打ちつけて
セオリー通りの扇型に誘引してみました
これもシュラブのはずなのにつるバラか?
というくらい大きく育っています
さて今年はこのバラは
どんな風景を描き出すのでしょう?

ご褒美のランチをいただいたあと(笑)
午後は自宅に戻り
スペシャルな助っ人に出張をお願いして
うちのつるバラを4本ほど誘引
なかでも階段下のパーゴラの「ガーデニア」は
ほっておくと10メータにもなるランブラーなので
けっこうたいへんな作業になるのだが
私以上に毎年何十本も誘引をしている助っ人の手にかかると
あっという間に終わってしまうから驚きなのである
これでうちのつるバラの誘引作業も
だいたい先が見えてきて
なんとか今年も無事に春を迎えられそうだ

品種も良く知らずにバラを買う人たちは
こんな風に大きくなってきたバラを
いったいどういう風に育てているのだろうか?
毎年剪定誘引の時期になると疑問に思うけど
大きなおせっかいかしら?(笑)

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します! 
th_DSC_8256.jpg

ピンクの壁がかわいい友人K宅
抜けるような青空とはこんな日の事を言うのだろうか?
最高気温は10度そこそこだったが
風はまったく無く
まさに庭仕事には最高のコンディション
かわいい車を邪魔するみたいに停めている
左隅の車は私の作業用車両(笑)
歩いても5分程なのに何故に車に乗って来る?

表通りからは視線が遮られているが
駐車場の奥のモミの木の後方に
メインの庭が広がっている
今日はそこに植わっている3本のつるバラを誘引

th_DSC_8264.jpg

一番の大物はティー系の「サフラノ」
ブルーのフェンスに沿わせるために植えたバラで
確かつる性ではないはずだが
すでに3メーターのパーゴラに軽く届く程に成長
引きずり降ろして余分な枝を落とし
またフェンスを伝わせてパーゴラの上に乗せ
留める作業に2時間あまりを費やす
脚立を使ってやっと届く作業なので
慎重な作業で時間がかかった

th_DSC_8275.jpg

私が誘引作業をやっているあいだ
二人はせっせと花壇の整備
植物を掘り起こして堆肥や肥料を入れ
また植物を元に戻すという楽しい作業
今日もまた穴掘り隊長のK藤さんががんばってくれました

th_DSC_8261.jpg

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します! 
th_IMG_5859_2.jpg

階段プロジェクトでの穴掘り作業で大活躍してくれた
K藤さんちのアーチのバラの誘引を午前中に
右は「マダム・プランティエ」
左が「フィリス・バイド」
どちらもまだ3年目なのでそれほど太い枝は無く
誘引は比較的楽だが
フィリス・バイドのとげにはけっこう手こずった
モヒカン状態にならないように
できるだけ下から花をつけてくれるように
工夫して誘引したが
さて春にはどんな姿をお見せできるのでしょうか?
残念な事に2本の花の時期は少しずれるし
マダム・プランティエは
やっとアーチの上部に届いたばっかりだ

こんな風に友人間でお互いの得意分野を活かして
庭仕事を助け合っているが
これが「労力を身体で返す」という事
うまくバランスがとれているから
長続きするのだと思う
してもらいっぱなしでは不公平が生じてしまう

午後は久しぶりにガーデンセンター2店舗に出かけ
お買い得品を少し購入
400円→100円に値下げしていたら
買いたくなるのは主婦の性(笑)

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します! 

いつもご愛読ありがとうございます
カウンターの「54321」と「55555」
が近づいて来ましたので
タイミング良く踏まれた方は
この記事のコメント欄にご申告ください
前回そうでしたがシステム上
同じカウントが複数出る可能性がありますので
その場合は書き込みが早い方を優先とします

たいへん申し訳ありませんが
今までにコメントをくださった事がある
常連さん限定とさせていただきます
新規の方はごめんなさい

↓ついでにクリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
DSC00001.jpg

先日友人Kに
「うちの庭 昔は鉢だらけでみっともなかったよね?」
と言うと
「そうだっけ? 覚えてない」
という答えが返ってきた
これは2005年の5月の我が家の玄関先
今から考えると
よくもこれだけずらずらと鉢を並べていたものだと思う
これを見た友人Kが即座に
「鉢多すぎ! 全部地植えにしよう!」
庭中の鉢植えという鉢植え
たぶん50鉢くらいあったと思うが(笑)
ほとんど地植えになり
こんな風に変身したのだが

th_IMG_3944.jpg

たいていの庭に必ずある鉢植えは
花が咲き乱れている春はそれほど目立たないけど
冬になるとやけに目立ち
庭がすっきりとしない原因となっている事が多い
だけどいつもそこにあるものだから
汚いとかみっともないとかは感じないものらしい

指先が凍える程寒かった昨日に比べると
今日は日射しが暖かく庭仕事日和
昨日まで悩んでいた誘引がずいぶん進んだ
悩むと脚立を降りて少し離れたところから眺め
イメージを確認しながらまた作業を進めるのだが
昨日は悩んだまま解決できずに放置した
きっと寒さで脳も働きが悪かったに違いない
これで15本のつるバラのうち残りは5本
残っているのはかなりの大物だが
なんとかあと1日で終わるかな?
うちのバラの誘引に関してはすべて一人でやっているが
こんな時に
「これはどうしよう?」と相談できる
バラに詳しいパートナーが居ないのは寂しい

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します! 
th_IMG_5855.jpg

今日も朝から雨
昼頃やっと晴れ間がのぞき始めたので
急いで庭へ
隣家との境のフェンスのバラ3本の誘引
左からロザリタ ローズマリー カーディナル・リシュリュー
いちばん元気に育っているローズマリーのシュートの一部は
グリーンの細いアーチにも誘引してある
左半分がローズマリー 右半分がツルハナナス
脳内ガーデニングでは
すでにその景色が目に浮かんでいるのだが
そんなに上手く行かないのが常なのである(笑)

フェンスのグリーンのコケがみっともない
ペンキを塗ってメンテナンスをするべきなのだろうが
それもけっこう手間なので張り替えるのもいいかも?
今度は縦の板張りにしようかな?

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します! 

th_IMG_5800.jpg

雨のため完全オフの一日
「雨だから居るんでしょ?」と近所の友人からメール
まったくその通りです(笑)

玄関先のオリーブがかなり茂ってきたので
先日剪定しようと脚立に登ったら
こんなのと目が合ってしまった
何の枝だろう?
ハサミのあとから見て
どこかで剪定されたものを拝借してきたらしい
巣を作る程生い茂ってしまったオリーブの剪定は
ハトが巣を出て行くまでしばらくお預け
仕事が一つ前送りになってしまった

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します! 

th_IMG_5850_2.jpg

作業中の穴掘り名人K藤さんのフリース巻きスタイル
彼女ほど長靴やスコップなどが似合う人はいません
土を扱わせると目をキラキラ輝かせて
まるで水を得た魚のよう
発掘と違ってうちの庭からは何も出て来ないけど
掘って掘って掘りまくってくれました
私と友人Kが二人で半日かかる仕事を
彼女は一人で1時間でやるくらいのパワーの持ち主
彼女がいなくてはこのプロジェクトは完成しなかったでしょう

th_IMG_5852_3.jpg

工事終了の様子
移動していた植物も元に戻しました
あんなに狭い場所なのに広がりを感じられ
泥で汚れたステップの馴染んだ感じが好きです
花壇の仕切りに使ったストーンも
早く汚れて落ち着いてくれればいいなと思っています

作業を終え遅いランチをしながら
早くも次のプロジェクトを計画する三人
まるで子供のようにどこかの庭で遊ばせておけば
機嫌良くいつまでも楽しんでいる
安上がりな奥さまおばさん達です

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します! 

th_IMG_5845_3.jpg

今日は朝からしっかり階段の工事
重い土運びに階段でさらに負荷がかかり
かなり足腰が鍛えられているようだ(笑)
通路に半分まで踏み石を敷いたところで
資材が不足しているのでJフルまで買い出しに
明日でたぶんほぼ完成するはずですが
お天気が心配です

両端の黒い部分が土を入れ替えた部分
雨で新しい用土が締まりカサが減ったので
今日さらに樹皮堆肥を追加

th_DSC_8126_4.jpg

工事着工時の画像はこちら

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します!

th_IMG_5843.jpg

昨日終わった玄関脇のコーネリアの誘引

th_IMG_1731.jpg

昨年の誘引の画像を探し出して比較すると
シュートの量が倍以上になっているのがわかる

th_IMG_3354.jpg

開花時の全体画像はみつけられなかったが
この壁面が今年はバラで満開になる事を楽しみに仕事に励もう

残りのバラの誘引作業を一人でしていたら
穴堀り隊長のK藤さんからメール
「明日用ができたから今からちょっと掘りに行きます」
夕方陽がたっぷり暮れるまで
掘っては運び掘っては運びの作業をひたすら繰り返し
20袋以上の粘土まじりの土を車で捨てに行く
1袋10~20キロはあるので
計算するとおそろしい量の土を捨てた事になるが
その分買って来た用土もありえない量で
捨てる土はタダだが新しい用土はタダでは無い
「有機農法かい?」とおじさんに笑われるほど
何度も農協に足を運んで樹皮堆肥を買い込んだ

あれほど深く掘って土の総入れ替えをするなんて
私も思ってなかったんだけど
なんだかはずみがついちゃって
やりだすと止まらないんだよね(笑)

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します!
th_IMG_5808.jpg

朝早くからちょっとした会合に出席したあと流れでランチへ
3時頃に帰宅して急いで作業着に着替えて
一昨日壁から引きはがし剪定をしたまま
時間切れで放置されていたコーネリアを1本誘引
(誘引後の完成写真は日没で撮影していません)
今年は元気なシュートを2本も出したので
もう少し開花時にゴージャスになるように考えて誘引
こんな小さな脚立でも
置き場所が無いくらい狭いスペースなので
作業するのにもたいへんな苦労だ
所狭しと並べられた雑貨が
さらに作業の邪魔をしているし

下からびゅうびゅう風が吹き上げる
日陰の寒い階段なので
少し寒さが緩むまで改修工事はちょっと中断中
でも明日か明後日には再開の予定で
少しの時間でも無駄にしたくない私たちは
バラの誘引という別の作業と並行しているわけです
(バラの作業は寒くても決行です)

th_IMG_5827.jpg

ちなみに昨日は午前中K藤さんちのバラの誘引作業の後
友人Kは会合に出かけ私は成田まで夫のお迎え
到着時間に間に合うよう計算して
ぎりぎりまで作業をしていたので
外に食べに出かける余裕が無く
K藤さん手づくりのおいしいパンのランチを
庭のテーブルで震えながら(笑)いただいたのでした

「私たちってガーデニング依存症?」という冗談も出たが
あながち間違ってはいないような気がしてきた(笑)

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します!
th_IMG_5831.jpg

左から アルケミスト グラハムトーマス つるシフォン ロココ

うちの庭の階段通路工事の原動力
K藤さんの庭のバラの誘引作業を3時間ほど行う
今年初めてのバラの冬作業なので
なかなかカンが戻らなかった

本来ならもっとばっさりと切ってしまうのだが
庭主の希望でかなり抑えめの剪定にして
シュートもあまり減らさないで誘引したが
私としてはパーゴラ中央部のつるシフォンの
たくさん残したシュートがやや気になるところ
左側のフェンス部分は
なかなかきっちりと誘引ができて
自分でも好きな感じに仕上がった

th_IMG_5825.jpg

作業前はこんな感じだった

まだこのうちには何本もバラがあるので
作業は続くのだが
精神的にも体力的にも
しばらくお休みモードだったガーデニングを
そろそろ本格的に始動させなければ
春にはとうてい間に合わないという現実に目覚めた
たしか昨年はいろんな友人宅のも入れて
全部で200本くらいのバラを
2ヶ月ほどで剪定したり誘引したりした記憶があるが
今年は私にそれだけの時間と体力があるのだろうか?
ちょっと不安になってきたぞ(笑)

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します!
th_IMG_1294.jpg

午後の新幹線
あえて空いていそうな時間帯を狙い
その通りがらがらだったのに
二人がけの窓際の私の席の隣にだけは
乗客が座っている
三人がけがまるまる空いているのになぜ?
しかもそこそこ若い男性で
染めた髪に落ち着いたパープルのニットが妙にマッチ
膝にはきちんとたたまれたマフラーが
膝掛けのようにきれいにかけられていて
サラリーマンでは無さげだし
なんだかどうも居心地が悪い
隣同士という距離はかなり近いので
できれば女性に座ってほしい物だといつも思う
それもおばさんではなく若い女性(笑)
新幹線にも女性専用車両ができればいいのに

やはり自宅は落ち着く
夫も出張中なので娘をしばらく一人にしてしまったが
突然ブレーカーが落ちたりしてたいへんだったらしい
自宅が電気店の友人に電話をしたというのが笑える
なぜ母に電話をしてこなかったのだろうか?(笑)

予定では明日から庭の工事再開
でもこの寒さだから
一番二の足を踏んでいるのは施工主の私だったりする

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します!


th_DSC_8107.jpg

たまたま今年は丑年だが
我が家の玄関先の表札がこれ
住んでいるタウンで統一された
街灯の下に取りつけるタイプで
犬や鳥など好きなキャラクターを選ぶ事になってる
うちの家族に丑年産まれはいないが
同じ牛を使っているお宅が他に1軒しかなかったという
単純な理由で決定したもの
見本はもっと目がかわいかったのに
実物は怖い目のかわいくない牛が取り付けられてしまった(笑)

同じような造りの家が140軒ほど並んでいるので
初めてのお客様には
「玄関先の牛を目印にいらしてくださいね」
という事にしてあるが
「はぁ?」という相手の反応も楽しい

病院から5ヶ月ぶりに自宅に帰ってきた母は
「なんだか田舎に帰って来たような気持ち」
と感想をもらしていましたが
この牛を見ていると私も自宅が懐かしい(笑)
(まだ四日しか経ってないけど)
早く自宅に帰りた~い!

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します!
th_DSC_8121.jpg

午前中に母を退院させ
午後久しぶりにテレビをつけると
関西ローカルな番組でアナウンサーが出演者に
「いつ見てもシュッとしたはるな~」
と表現していました
この表現は多分関西人にしかわからない
あいまいな形容詞なのだけど
かっこいいとかきまってるとかそんな感じで
言われて悪い気はしないのは事実
「今日はなんかシュッとしてるやん?」
とか言われると
「え そぅか?」
と答えながらもにやにやしてしまう

最近はお世辞でも
「シュッとしてるなぁ」
と言ってくれる生粋の関西人が近所にいなくて
ちょっとさびしいかも
もちろん汚い作業服で平気で買い物にいってるようじゃ
「シュッとしてるなぁ」
とも言いいようがないけどねぇ(笑)

画像は友人K宅の「シュッとしてる」寄せ植え


にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します!
th_DSC_7549.jpg

ヨーロッパは大変な寒波に見舞われているらしく
一ヶ月前にはこんなだったドイツの友人の庭も
今はすっかり雪に覆われているとか

th_DSC_7560.jpg

ドイツの素敵なお花やさんでみつけたかわいいピック
私はウサギを彼女はニワトリをチョイスして
トランクに詰めて持ち帰ったら
ウサギの耳が片方コロンと取れていた
他に破損したものはなかったのに
なぜにこれだけ?(笑)


昨日からまた大阪の実家に滞在中
80才近い父が入院中の母の世話をしつつ
家事をこなすのはかなり負担になってきている様子
部屋の荒れようにため息が出るが
黙って片付けをするしかない
夏から5ヶ月も一人でがんばっている父をえらいと思うが
明日母が退院すれば
さらにたいへんな自宅での老々介護の日々が始まり
退院がめだたいのかめでたくないのかとっても微妙


にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します!
th_DSC_8136.jpg

階段下のパーゴラを右に曲がって
人間一人がやっと通れるほどの芝生の通路を奥に進むと
小さな小さなパーゴラがあります
この写真も二階から写したもので
ただいま工事中の階段から
テーブルや脚立やイスを全部移動させているので
ここもまたとんでもない状態(笑)
かなり老木になったアイスバーグは
今年はとうとう秋にはほとんど咲きませんでした
カイガラムシのダメージがかなり大きいようです

日陰の庭ではバラの生育は良く無く
(土も良く無かったのですが)
カイガラムシの被害は切実です
今年は瀕死のバラを2本思い切って処分しました
トピアリー仕立ての月桂樹も
「ええ~っ!」と驚くほど
カイガラムシが葉に密集していて
葉を全部取り去ったとしても必ず復活するので
これも思い切って処分したのです

部屋の中の不要品はなかなか処分できない私ですが
庭に関しては少々恐い(笑)ボスがいるので
思い切り良く処分する事をモットーとしています
「何を植えるかではなくて
 何を植えないかが究極のガーデニングだ」
昨日偶然見つけたガーデナーさんの
サイトに書いてあった2行にいたく感銘を受けました
庭のスペースも考えず
あれもこれもとバラを増やしている知人にぜひ教えてあげたい
だって剪定や誘引を手伝いながら
ひどく悩むのは私なんだもの(笑)

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します!

th_200901101513000.jpg

恒例の成田空港送迎
「来年はあんまり出張無いから」
と言った口が乾かぬうちに
三連休だというのにまた米国どさ回りへ出発した夫を乗せ
出がけに友人Kちに「言って来きま~す!」と立ち寄ると
何かいいたげな顔をしているので
「なにか?」と聞くと
ホームセンターに立ち寄るようにという指令だった
そんな事もあろうかと分厚いダウンジャケットを車に積み
足下もブーツで固めて来ていたのは正解だった

5時過ぎのフライトだというのに
2時に空港に着くなり
「忙しいから帰るわ」と冷たく置き去りにし
急いでジョイフルまで走る私
暗くなってからの買い物は寒くて辛いから
ただそれだけなのだけど(笑)

th_200901101512000.jpg

階段プロジェクトの資材として必要な石を
まさかホームセンターでお金を出してまで買うとは
1キロ100円 高いのか安いのか
これで足りなかったら
どこかに拾いに行く?(笑)

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します!

th_DSC_8133.jpg

昨日の記事への反響が大きかったので二番煎じで(笑)
予報通り朝から雨なのでもちろん作業はお休み
二階の窓から顔だけ出して俯瞰写真を撮影
表面の砂利を取り除き
植栽部分を大きく掘って土を入れ替え中だが
まだ全部終わっているわけではないので
あちこちに資材や道具が散らばっている
堀った穴に入れたものは
近くの農協で売っているくみあい樹皮堆肥を中心に
パーミキュライト ピートモス 
牛ふん堆肥 
それからとっても贅沢なのですが
ゴールデン粒状培養土を大量投入
もちろん掘り出した土の粘土の部分を避けて
良さそうな部分も多少混ぜましたが
足を入れるとズボッと入ってしまうくらいの
ふっかふっかの植物用のベッドができあがりました
(在庫のその他いろんな袋もあるだけ入れたはず(笑))

th_DSC_8130.jpg

ブルーシートは捨てきれなかった土や
開封した肥料などを雨から守るためのもの
パーゴラの誘引待ちのバラはガーデニア

明日は雨があがるらしいのですが
作業はしばらくお休みで
また来週の予定です

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します!

th_DSC_8126.jpg

うちは斜面の土地に立つ家なので
建物は変形の2階建てで
表の庭と裏の庭が階段状の土地でつながっている
良く言えば個性的
悪く言えばヘンな作りの庭で
庭と呼べるほどのスペースではなく
植物を植えている場所は通路というほうが正しいのだが
入居時に業者が施行してあった階段は
もちろん通路なんだから良い土など入っているわけは無くて
植物を植える為にすこしづつ土を入れ替えて来た訳だが
どうも生育が悪くバラも花付きが良く無いので
この時期に思い切って土の入れ替えを決行

th_DSC_8127.jpg

スコップが「カキーン」というほど固い地面は
こんな風に表面が砂利だらけで
粘土と砂で固められた最悪の状態
ときどきガレキも出て来る
もちろん階段だから踏み固められて当然なのだが
植物には最悪のコンディションだったろう
掘りながら友人が「ミミズがいな~い」と笑っていたが
ミミズも住みにくい土だったというわけ(笑)

今日の主力の「K藤さん」は発掘のスペシャリスト
シャベルを持たせると水を得た魚のように
あっというまにザクザクと掘り返してくれて
仕事の早い事ったらない

th_DSC_8129.jpg

再生するスペースも時間も無いので
掘り出した土は車に積んで
近所の空き地まで何度も往復
幸い風も全く無く夕方5時近くまでフル操業したが

捨てる土や堆肥など10キロはある袋を持って
この狭い階段を登ったり降りたり
体育会系ガーデナーの私たちらしい
年明け最初のハードなプロジェクトだった
明日以降きっと身体があちこち痛むに違いないけど

ペンキだらけのジャケットに
寒さ対策のフリースを腰に巻き付け
シャベルを操っているK藤さんの姿を
写真に撮らなかったのは一生の不覚(笑)

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します!
th_DSC_8116.jpg

友人達が昨年から始めたウォーキングに初参加
自宅から江戸川の土手に出てひたすら北上
途中農家の直売所で野菜を仕入れ
2時間近く歩いて帰宅
運動不足の身体にはけっこうシビアだったが
はずみがついてお昼ご飯をはさんで庭仕事に没頭
腐りかけていた階段の土留めの丸太を外し
新しい物と交換した

明日は助っ人の力を借りて
少し大きなプロジェクトに取りかかる予定

年が明けると春にあと少しという気持ちが湧いて来て
夏から放置している庭仕事にも力が入る
寒いけどがんばらなくちゃ!

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します!

th_DSC_8014.jpg

娘のリクエストで昨年の秋にオープンした新三郷の「IKEA」へ
渋滞にまったくひっかからなかったので20分程で到着
今まで2時間かけて船橋まで行っていた事を思うと
ウソのように近くて
近いうちにコストコもできるそうだからますます便利になる
今日は娘メインの買い物なので
ついでにそこから5キロの「イオンレイクタウン」にも立ち寄り
ウインドゥショッピング三昧の一日
端から端まで1キロという広さの
国内最大最長のショッピングセンターなので
歩き疲れて夕食後にソファーでうとうとしてしまった
庭仕事には最適な一日だったのに
何も出来ず残念

最後のバラ達が部屋の暖かさで開花してきました
ローズマリー 粉粧楼 グリーンアイス スノープリンセス


にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します!

th_DSC_8111.jpg

なかなか写真を撮りに行くチャンスがなかった
昨年中に完成していた友人K藤さん庭の立水栓
今日やっと久しぶりに訪問し
すばらしいできあがりに感動
私たちがここまで作り
そのあと友人Kのご主人が引き継ぎ
中心になって作業をしてくれましたが
彼は水道屋さんでも大工さんでもありません(笑)
しかもこれがスタイロフォームを利用した驚きのDIYなんです

322865_1227823462.jpg


th_DSC_8114.jpg

立水栓がちょっと隠れてしまいましたが
雰囲気的にはこんな感じ
積まれたレンガもパーゴラもフェンスも
業者の手は一切入らない正真正銘のDIYですけど
商売にできそうな仕上がり具合でしょ?
私はフェンスとパーゴラのビス打っただけですけどね(爆)

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します!
th_DSC_8053.jpg

「お正月がいちばんきれいなんだよ~」
と昨年教えてもらった
富士山の見えるホームセンター駐車場での夕暮れ
昨年も書いたが
「富士山」と「東京タワー」には不思議に過反応してしまうのは
関西人の性だと思う(私だけか?)

th_DSC_8035.jpg

足りなかった寒肥を買い
渋滞し始めた帰り道に
河川敷を近道していると
さらに素晴らしい撮影スポットを発見

th_DSC_8095.jpg

こんなに小さいけど富士山って存在感あるよね

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します!
 
th_DSC_8026.jpg

連日朝寝坊のお正月だが
今朝は風も無く快晴だったので
寝ている家族を無視し
朝ご飯をあわてて終えて久しぶりに庭に出た
寒さ対策のためカイロを腰に2個お腹に1個
年のせいか年々冷えが身体にこたえる気がする(笑)

バラに寒肥を入れる事
バラの葉を全部むしり取る事
それだけが今日の目標だったのだが
寒肥の準備が出来ていなかったり
びっしりと幹についたカイガラムシが気になり
歯ブラシでこすり落としたり
枯れ葉だらけの植え込みをきれいにしたり
茂ったままのヤマホロシがうっとおしくなり
かなりばっさりと散髪したり
次々としなくてはいけない事に気が移り
あれもこれもと少しづつ手を出し始めてしまう

じっくり腰をおちつけて庭仕事に時間を費す事は
ここ数週間なかったからか
どうも段取りが悪くなかなか仕事が捗らなくて
予定の三分の一も達成できずに終了
これからは誘引や剪定と言った
本格的なバラの冬作業が始まるので
少々の寒さには負けない
アウトドア仕様にまた身体を戻しておかなければ

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します!
 
th_IMG_5703.jpg

長期休暇にはたいがいどこにも行かないで
自宅でぐうたら過ごすのが基本形なのだが
夫が良く一緒に仕事をするドイツ在住のイギリス人男性が
休暇でドイツ在住の日本人のフィアンセの実家に年末から滞在していて
そこが我が家からすぐ近くという偶然なので
お会いしてお茶などをした
ほぼ3時間があっという間に過ぎて
楽しいひとときではあったが
さっきから頭痛がしている
あまりにも集中して英語を聞いていたため
いつもはまったく使わない言語中枢が
オーバーヒートしたに違いない(笑)

「お正月のイベントは何か予定していましたか?」
と聞かれたので
「お二人に会う事がお正月の一番大きなイベントです」
と答えたが
来春に結婚式というカップルはとても幸せそうで
見ているだけで私も
幸せオーラをわけてもらったような気がしている

晩秋の「草ぶえの丘」でみつけたローズヒップは
「サー・セドリック・モリス」という高貴なお名前のバラだった
開花した画像を検索してみると
白い一重の5弁のかわいいバラで
紅葉もとっても美しい
ただしとっても大きくなるそうなので
覚悟が無いと育てられませんが
ローズヒップが見られるバラ
うちにも1本欲しいなぁと実はひそかに検討中



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します!
 
th_DSC_7960_3.jpg

風が強く寒いが 
晴れ渡って空気が澄んだ一日だった
娘は朝早くからバイトに出かけ
夫は自室にこもって音楽を聞いて一日を過ごし
ほんとうに静かで平和だけど
お正月らしくないお正月
お雑煮だけはかろうじて作ったが
お節と呼べるものはここ数年パスしてしまって
知り合いのブログの美味しそうなお節を
感動しながら見入るだけの私

娘が成長して(充分育っているけど)
お正月の想い出が「バイト」だけなのは寂しいだろうから
来年は形だけでもお節を作ろうかと
思ったりしている

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します!

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。