SWEET LINENS

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
th_DSC_0262.jpg


雨が降ると濡れないように軒先に避難させ
鉢植えでお姫様のような特別扱いをしているのにもかかわらず
春にはすべてボーリングで蕾が開ききらないまま落花し、
ハダニにまでも祟られてしまった粉粧楼でしたが
友人に聞いた「花後の剪定方法」を実行し高価な肥料を投入したら、
根本から元気なシュートを5本も出し、
こんなにたくさんの花をつけてくれました。

今まで、これほどたくさんの蕾をつけた事がなかったので
驚くやらうれしいやらなのですが、
実は一番花がまったく開かなかったときに
「もうあなたはどこかに養子に出すから!」と心の中で思っていたので、
その思いがこのバラに伝わって
「ヤバイ! このままでは捨てられる」と
危機感を感じて咲き出したのではないかと思っています(笑)
バラも生き残るためには必死なのかもしれませんね。

th_DSC_0140.jpg

開き切ってしまうよりも
花芯をうっすらピンクに染めてこれくらいでいるほうが
粉粧楼らしい魅力を感じさせますね

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
↑ブログランキングに参加しています。
毎日1回、上の「バラ園芸」というロゴをポチッと押していただけるとランクが上がります。
応援よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

粉粧楼は栽培が難しいんですか?
いろいろ聞いたり読んだりすると、花弁がやわらかくてふわふわ咲くようでかわぃらしい花みたいですね。

ところで、剪定マジックがとっても気になります!笑
来月、初の夏剪定を迎えるので、秋の花がどうなるかかかっている為興味津々。
コツとかあるんですか?
企業秘密ですかね?笑

2007.07.17 12:08 URL | プニ #64TjWBNY [ 編集 ]

景子さんこんばんは~^^
私も剪定方法気になります!!
私も花つきが悪かったら、ちょこっとにらみをきかせてみましょうか 笑

それから、ディアボロとっても可愛らしい競演でした^^
景子さんのディアボロはとっても品がありますね!
我が家のは、もっとワイルドな感じです(・∀・;)

2007.07.17 23:23 URL | わにこ #- [ 編集 ]

プニさん
粉粧楼は薄い花ビラと豊な香りでたいへん魅力のあるバラなのですが、
残念ながらうどんこ病に弱いですし、
雨にあたると、蕾はそのまま茶色になってしまいます。
地植えにした知人は、雨の日には傘を差して育てていますよ。
今まで私は、かなり強く剪定をしていたのですが、
この春からは、花後の剪定はほとんど花柄を取るだけにしてみたのです、
それから、肥料は「バ○オゴールド」のバラ用をおしげもなく与えます。
その結果が、今までにない花付きの良さだったのです。
夏の剪定については、いま研究中ですが、
あまり深く切らない方が良いような気がしています。
あくまでも、うちのバラでのデータですのでご参考程度に。。。

わにこさん
ディアボロ見てくださってありがとうございます!
長い枝がひゅーんと2本だけ上に伸びている、とってもあっさりした樹形でしたが、
地植えになったので、たぶん来春には新しい枝がわさわさと出て来ると予想できます(笑)

咲かないバラには「そろそろちゃんと咲けよ」ビームを送ります(笑)
それでも咲かないで病気ばかりしていたバラには、
もう限界と思い、捨てるつもりで枝を丸坊主にして
世間で言うところの「ゲンコツ剪定」みたいに切ってしまいました
それも休眠期の冬では無く、たしか夏に(笑)
ところが、すぐに元気なシュートを出し、今ではちゃんと咲いています。
危機感を感じさせる事が必要なのかもしれませんねぇ~。
(注 良い子はけっしてマネをしないようにお願いします)


2007.07.18 00:13 URL | 景子 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://larchmont.blog108.fc2.com/tb.php/38-8aa68478

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。