SWEET LINENS

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
th_DSC_8245.jpg

ここの読者のみなさんは
「またぁ?」と思われるでしょうが
今日もバラの冬作業です
午前中は昨日に引き続き友人K宅のつるバラを3本誘引

th_DSC_8302.jpg

ぼうぼうになっていた「セバスチャン・クナイプ」
のシュートを思い切り間引き
パーゴラに1本誘引用の棒を打ちつけて
セオリー通りの扇型に誘引してみました
これもシュラブのはずなのにつるバラか?
というくらい大きく育っています
さて今年はこのバラは
どんな風景を描き出すのでしょう?

ご褒美のランチをいただいたあと(笑)
午後は自宅に戻り
スペシャルな助っ人に出張をお願いして
うちのつるバラを4本ほど誘引
なかでも階段下のパーゴラの「ガーデニア」は
ほっておくと10メータにもなるランブラーなので
けっこうたいへんな作業になるのだが
私以上に毎年何十本も誘引をしている助っ人の手にかかると
あっという間に終わってしまうから驚きなのである
これでうちのつるバラの誘引作業も
だいたい先が見えてきて
なんとか今年も無事に春を迎えられそうだ

品種も良く知らずにバラを買う人たちは
こんな風に大きくなってきたバラを
いったいどういう風に育てているのだろうか?
毎年剪定誘引の時期になると疑問に思うけど
大きなおせっかいかしら?(笑)

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します! 
スポンサーサイト

こんばんは~
着々と片付いていくバラの冬作業
ブログをとおして拝見していても気持ちいいです

>品種も良く知らずにバラを買う人たちは
>こんな風に大きくなってきたバラを
>いったいどういう風に育てているのだろうか?

重い言葉です
実は私も小さなパーゴラが出来て「さあ!ツルバラ」と「自分流で楽しむ手づくりガーデン」なども参考に これが好きと選んだのがナニワイバラと大人気のピエール・ド・ロンサールでした
どちらも大きくなるスケールが我が家の庭には合わないようだとその後知りました
2~3年してシュートも立派に出てきたらいかにサイズをおさえる剪定をするかが課題だと思っています
助けてください!ってSOS発信するかも…
そのときはよろしくお願いしますね
今は小ぶりのツルになるイングリッシュローズを選ぶようになりました
アップされた剪定後の写真はどれも記憶に留めたい参考にさせていただきたいものでした

2009.01.28 21:05 URL | Aozoraharuka #c4DmjxtY [ 編集 ]

何と綺麗なんだろうと、ほれぼれして見ています
咲いた時も綺麗だけど、誘引後のこの姿が一番すっきりと綺麗ですよね~
咲いた姿を想像してうっとり。。。

最近してないな~ この感動。。。

2009.01.29 02:42 URL | 京子 #- [ 編集 ]

バラの誘引、苦手です。いつもいい加減。
フィリスバイドがのびすぎて脚立に乗るのがこわく放置してあります。専門家に出張してみていただきたいです。
 皆さん方の素敵なお庭、この時期の様々なシーンが見られてとてもうれしいです。

2009.01.29 21:02 URL | S*pine #YrGnQh/o [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://larchmont.blog108.fc2.com/tb.php/617-766eb092

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。