SWEET LINENS

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
th_DSC_8311.jpg

th_DSC_8315.jpg

剪定誘引前後の「ガーデニア」
クリックすると大きな画像で見られます

比較して見るとパーゴラに誘引されたシュートは
側枝がほとんど剪定されているのがわかります
「鉛筆より細いものは切り落としていいから」
と助っ人は言うのですが
毎シーズン何十本も剪定誘引している私でさえ
「ほんとうにだいじょうぶなの?」
と不安になるくらい情け容赦無い剪定ぶりで

初めて剪定誘引をするバラ初心者が見たら
「こんなにですか?」と驚くに違いありません
我が家のバラの剪定誘引は
某バラ園での誘引に近い方法ですが
ここまで剪定して誘引している方は
あまりいないのでは無いのでしょうか?
もちろん剪定誘引の方法はいろいろありますので
どの方法が正しいとかという定義はありませんが
私にとってはこれが毎年の冬のバラの神聖な儀式
むしろバラがきれいに咲き誇る姿よりも
きっちりと誘引された姿に感動を覚えます

そのためにも剪定はきっぱりと
誘引もたるんたるんではいけません
シュートの根元を締め
枝を押さえて誘引する必要があるのです

ちなみにこのグリーンのテープは
誘引するさいに締め安いので仮に使っていますが
落ち着いたらすべて麻ヒモに交換します

たくさんの花が見たいからと思い
今年はちょっと甘い剪定をして
誘引をしたコーネリアを見るなり
「今年の剪定は甘いわね 細枝を残し過ぎだわ」
と助っ人が一言
やっぱりそうですよね やりなおします(笑)

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

上の「花ブログ」と「バラ園芸」の
どちらかのバナーをクリックしての
励ましと応援をお待ちしております
1日1クリック有効です
よろしくお願い致します! 

スポンサーサイト

私もことしは初めてなので(つるばらではありませんが)い切りよく剪定することができませんでした。葉っぱを全部取ることさえ、半信半疑でやったぐらいです。今ではそうする理由に納得がいってるのですが・・・。経験をつみかさねて自分のやりかたができていくのでしょうね。来年は私もバッサバッサ勇気を持って切れるようになるといいと思います。

2009.01.31 06:26 URL | 富良野かおり #- [ 編集 ]

ツルバラ1年生にはホントに興味深い剪定誘引シリーズでした

 >私にとってはこれが毎年の冬のバラの神聖な儀式
 >むしろバラがきれいに咲き誇る姿よりも
 >きっちりと誘引された姿に感動を覚えます

そうなんだ~ってこの春初めての花が見れるかな?の私には未知の世界ですが
ただ気持ちのいい誘引というのは感じることができました
実際に出来るかはまた別ですね
来年も景子さんの誘引見て頑張りたいと思います

2009.01.31 20:23 URL | Aozoraharuka #c4DmjxtY [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://larchmont.blog108.fc2.com/tb.php/619-19b00356

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。